京王線刺傷、別の乗客への殺人未遂容疑で男を再逮捕

京王線刺傷、別の乗客への殺人未遂容疑で男を再逮捕

京王線刺傷事件 男を再逮捕

京王線刺傷、別の乗客への殺人未遂容疑で男を再逮捕

警視庁

 京王線の車内で17人が重軽傷を負った事件で、警視庁は22日、乗客男性(72)に対する殺人未遂容疑で逮捕した住所不定、無職服部恭太容疑者(25)を別の複数の乗客に対する殺人未遂と現住建造物等放火容疑で再逮捕した。

 発表によると、服部容疑者は10月31日午後7時55分頃、東京都調布市を走行中の上り特急電車(10両編成)の5号車で、ライター用オイル約3リットルを会社員女性(60)ら複数の乗客にまき散らした上、火をつけたライターを放り投げ、乗客らを殺害しようとした疑い。調べに、「死刑になるため、有効かつ効率的な手段として、多くの人を惨殺する計画を実行した」と容疑を認めている。

 火は床などにたれていたオイルに着火。床やシートを若干焼いたが、乗客らにけがはなかった。

 事件が起きた車両には防犯カメラがなく、警視庁は乗客が撮影してツイッターに投稿した映像を解析するなどして、当時の状況や被害者を特定した。

 服部容疑者は事件当日、3号車で乗客男性の胸を刃渡り約30センチのナイフで刺した殺人未遂容疑で現行犯逮捕されていた。

関連記事(外部サイト)