市役所内で盗聴器発見、最長で1年設置の可能性…半径200mに電波

市役所内で盗聴器発見、最長で1年設置の可能性…半径200mに電波

川西市役所で見つかった盗聴器=市提供

 兵庫県川西市は22日、市庁舎内で盗聴器1個が見つかったと発表した。最長で1年間設置されていた可能性があるといい、市は川西署に被害届を出した。

 発表では、身近な犯罪を伝える民放テレビ番組の依頼を受けた調査業者が、不審な電波が出ているのに屋外で気づき、市の了解を得て今月3日に調査。庁舎4階の総務課付近で、コンセントタップ内に仕込まれていた盗聴器を発見した。他には見付からなかった。

 盗聴器は市販されているもので、設置の経緯などは不明。電波は半径約200メートル内で屋外まで届くという。

 越田謙治郎市長は「市の機密情報や、市民の個人情報が流出した可能性は低いと判断しているが、卑劣な犯罪」とコメントを出し、市は防犯カメラ設置などの再発防止策をとる。

関連記事(外部サイト)