森川宏映・天台座主が死去、96歳…10年計画で根本中堂を大改修

森川宏映・天台座主が死去、96歳…10年計画で根本中堂を大改修

森川宏映・天台座主

 天台宗(総本山・比叡山延暦寺、大津市)の第257世座主、森川宏映(もりかわ・こうえい)氏が22日、老衰で死去した。96歳だった。密葬の延暦寺葬は26日正午、大津市坂本4の6の1滋賀院で、本葬の天台宗葬は来年1月18日午後1時、同市坂本4の6の2天台宗務庁でそれぞれ営まれる。

 愛知県春日井市出身。10歳で得度し、比叡山の山林保護を志して京都大農学部に進学。卒業後、延暦寺一山真蔵院(大津市)の住職となり、長く比叡山の森林管理に尽力した。

 2015年12月に天台座主に就任。16年度から10年計画で根本中堂(国宝)の大改修を始め、今年1200年大遠忌(だいおんき)を迎えた宗祖・伝教大師最澄をしのぶ大法要を6月に営んだ。他宗派との交流にも積極的に取り組んだ。

 森川氏の死去に伴い、円教寺(兵庫県姫路市)住職の大樹孝啓(おおきこうけい)・次席探題(97)が22日、第258世座主に就いた。

関連記事(外部サイト)