3歳長男を浴槽に沈め殺害、母親を逮捕…「子どもが溺れた」と119番

3歳長男を浴槽に沈め殺害、母親を逮捕…「子どもが溺れた」と119番

京都府警本部

 2017年に長男(当時3歳)を自宅の浴槽に沈めて殺害したとして、京都府警は22日、京都府宇治田原町銘城台、無職久木山佳代容疑者(37)を殺人容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 発表では、久木山容疑者は17年11月24日午後6時頃〜同6時半頃の間、当時暮らしていた京都府木津川市の集合住宅で、湯をはった浴槽に長男の永時(ながとき)ちゃんを沈めて溺死させ、殺害した疑い。

 府警によると、久木山容疑者は殺害直後に自ら「子どもが溺れた」と119番しており、救急隊員が駆けつけた時、永時ちゃんは心肺停止状態で、久木山容疑者が心臓マッサージをしていた。永時ちゃんは、搬送先の病院で死亡が確認された。当時、久木山容疑者は「湯を止めに行ったら、子どもが浮かんでいた」と話していたという。

関連記事(外部サイト)