再審無罪が確定の女性2人、大崎事件で再審請求中の94歳女性と面会「長生きしてね」

再審無罪が確定の女性2人、大崎事件で再審請求中の94歳女性と面会「長生きしてね」

原口さん(中央)を見舞う西山さん(左)と青木さん(支援者提供)

 1979年に鹿児島県大崎町で男性の遺体が見つかった「大崎事件」で、裁判のやり直し(再審)を求めている原口アヤ子さん(94)を20日、他の事件で再審無罪が確定した支援者らが見舞った。

 訪れたのは、滋賀県の病院で患者を殺害したとして服役した西山美香さん(41)と、大阪市で起きた小6女児死亡火災で無罪となった青木恵子さん(57)ら。

 原口さんが入院する病院で面会後、報道陣の取材に応じた2人によると、原口さんは声かけに対して目や口をはっきり開けて反応するなど元気な様子。「長生きしてね」などと書かれた色紙を渡すと目で追うようなしぐさもみられたという。

 西山さんは「少しの時間だったが笑顔だった。早く無罪判決をもらって残りの人生を穏やかに過ごしてほしいと感じた」と話した。

関連記事(外部サイト)