富士急ジェットコースター、新たに2人が骨折訴え…「FUJIYAMA」「高飛車」を利用

富士急ジェットコースター、新たに2人が骨折訴え…「FUJIYAMA」「高飛車」を利用

遊園地「富士急ハイランド」(読売ヘリから)

 山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」は22日、同園のジェットコースターを利用した20歳代と40歳代の女性2人から骨折の訴えがあったと発表した。

 同園によると、2人は10月上旬〜11月中旬、「FUJIYAMA」や「高飛車」など複数のジェットコースターを利用。後日、医療機関を受診して胸や腰の骨折が判明し、同園に申し出たという。同園は県などに報告するとともに、遊具と負傷との因果関係を調べている。

 同園では、これまでにジェットコースター「ド・ドドンパ」(8月から運休中)の利用客6人の骨折が判明し、国などが原因を調査している。

関連記事(外部サイト)