作業中に足場が崩落か、5・5mから落下…大工男性死亡

作業中に足場が崩落か、5・5mから落下…大工男性死亡

茨城県警本部

 21日午前9時45分頃、茨城県鉾田市札の2階住宅で、霧よけ部分の補修作業をしていた同市大蔵、大工男性(73)が、高さ約5・5メートルの足場から地面に落下した。男性は病院に運ばれたが、出血性ショックによる死亡が確認された。

 鉾田署は、足場の崩落が落下の原因とみている。足場に使っていた木製の板が地面に落ちていたという。

関連記事(外部サイト)