津山の小3女児殺害、無期懲役を求刑…岡山地裁

津山の小3女児殺害、無期懲役を求刑…岡山地裁

岡山地裁

 2004年、岡山県津山市で小学3年の女児(当時9歳)が殺害された事件で、殺人罪などに問われた勝田州彦(くにひこ)被告(42)の裁判員裁判が24日、岡山地裁であり、検察側は無期懲役を求刑した。判決は来年1月6日の予定。

 起訴状によると、勝田被告は04年9月、わいせつ目的で侵入した同市の女児宅で、女児の首を絞めた際に抵抗されたため、刃物で腹や胸を刺して殺害したとしている。

 勝田被告は起訴事実を否認し無罪を主張。凶器などの直接証拠が乏しく、捜査段階の自白の信用性が争点だった。検察側は取り調べの録音・録画を文字起こしした「反訳書」や映像の静止画を用いた異例の立証を行い、「信用できる」と訴えていた。弁護側は「取調官に迎合して話しており、信用性はない」と反論していた。

関連記事(外部サイト)