米兵「気が動転して立ち去った」…女性運転の対向車と衝突、車を置いて逃走

米兵「気が動転して立ち去った」…女性運転の対向車と衝突、車を置いて逃走

沖縄県警本部

 沖縄県警名護署は23日、米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の上等兵(26)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで緊急逮捕した。「事故を起こして動転し、立ち去ってしまった」と容疑を認めているという。

 発表では、上等兵は23日午後6時40分頃、同県大宜味村津波の国道58号で乗用車を運転中、対向してきた軽乗用車と衝突。運転していた同県今帰仁(なきじん)村の介護職員女性(54)と助手席にいた孫の男児(3)に胸部打撲などの軽傷を負わせ、そのまま車を置いて逃走した疑い。

 同署によると、現場は片側1車線の直線。ルーカス容疑者は、約1時間後に現場近くで同署員に発見された。酒の臭いがしたため調べたところ、酒気帯び運転の基準値を超えるアルコール分が検出され、飲酒運転の疑いでも調べる。

関連記事(外部サイト)