兵庫・伊丹の住宅火災、80歳の夫が死亡・妻は重体…焼け跡からさらに1人の遺体

兵庫・伊丹の住宅火災、80歳の夫が死亡・妻は重体…焼け跡からさらに1人の遺体

兵庫県警

 24日午後1時45分頃、兵庫県伊丹市南野の無職小谷崇(80)さん方から出火、木造2階建て住宅約90平方メートルを全焼した。県警伊丹署によると、小谷さんと妻(76)が意識不明の重体で病院に搬送され、小谷さんの死亡が確認されたほか、焼け跡から1人の遺体が見つかった。同居していた孫の20歳代男性と連絡が取れなくなっており、同署は遺体はこの男性とみて確認している。

 発表などによると、小谷さん方は7人暮らし。出火当時は小谷さんら5人がいたが、ほかの2人は逃げて無事だった。

 現場は、阪急新伊丹駅の南西約850メートルの住宅地。

関連記事(外部サイト)