ゆず湯の「一番風呂」、カピバラほっこり

ゆず湯の「一番風呂」、カピバラほっこり

ゆず湯につかりながら餌をほおばるカピバラ(23日、いしかわ動物園で)

 カピバラがゆず湯につかってくつろぐ「いしかわ動物園」(石川県能美市徳山町)の冬の風物詩「カピバラ湯」が23日、始まった。

 カピバラ湯は2011年から同園で毎年実施され、今年で11回目。辰口温泉の源泉が使われた露天風呂に地元の特産品「国造ゆず」を浮かべる。高さ約1.7メートルの打たせ湯も設置される。

 この日は、リンとシータ(ともにメス、5歳)の2頭が「一番風呂」に入った。2頭は、気持ちよさそうに泳いだり打たせ湯に打たれたりして、冬の露天風呂を満喫していた。

 入浴を見守った地元の宮竹保育園の園児(5)は「ご飯を食べながら温泉に入っているところがかわいかった」と笑顔で話した。

 来年の4月上旬まで、毎日午前11時から午後2時頃まで実施される。

関連記事(外部サイト)