高波に襲われたバス、開いたドアを閉めようとするとさらに…乗客が手首骨折

高波に襲われたバス、開いたドアを閉めようとするとさらに…乗客が手首骨折

出雲市役所

 24日午前9時頃、島根県出雲市小伊津町の市道で、走行中の平田生活バス坂浦線の中型バス(定員25人)が高波に2回巻き込まれ、衝撃で町内の乗客女性(65)が右手首の骨を折る大けがを負い、運転手も指に痛みを感じて病院を受診した。

 市によると、バスは三津漁港―小伊津漁港間を運行。道路に上がった高波でドアが開き、運転手が停車させて閉めようとしたところ、さらに波が来て車体が陸側のフェンスに倒れかかった。事故を受け、市は現場付近の市道で25日まで通行を規制する。松江地方気象台によると、現場に近い松江市(鹿島)で当時、西南西9・5メートルの風が吹いていた。

関連記事(外部サイト)