高2女子自殺の原因はいじめ、因果関係認め見舞金の支給命じる…福岡地裁

 北九州市で2017年に私立高2年の女子生徒(当時16歳)が自殺したのは、同級生によるいじめが原因として、遺族が独立行政法人「日本スポーツ振興センター」(JSC)に死亡見舞金の支給を求めた訴訟の判決が25日、福岡地裁であった。立川毅裁判長は「いじめで孤立を感じ、絶望感を募らせて自殺を図った」と自殺といじめの因果関係を認め、請求通りJSCに2800万円の支払いを命じた。

 判決によると、女子生徒は1年生の2学期から、仲の良かった5人グループの中でトラブルになり、女子生徒を除く4人で終業式の際に写真を撮ったり、昼食をとったりして仲間外れにするいじめを受け、17年4月に自殺した。

 女子生徒が自殺直前、友人に送った「あたしになんかあったら○○(加害生徒らの名前)のせいやけね」とのLINEのメッセージについて、立川裁判長は「いじめへの抗議等の意味を示すために残した」と判断。主ないじめや交友関係の断絶が、自殺前の1か月以内に連続して起きていることなどから、自殺の主な原因はいじめだとし、学校管理下の事件と認めた。

 学校の第三者委員会は18年6月、福岡県の再調査委は19年8月、一部のいじめ行為を認定したが、自殺の原因がいじめとは認めていなかった。JSCは「学校の管理下で起きた事件による死亡」に死亡見舞金を支払うが、再調査委の判断などから見舞金を支給しなかった。

関連記事(外部サイト)