生徒「被害生徒とのやり取りで嫌な気持ちに」…中3刺殺、傷は肝臓を貫通する深さ

生徒「被害生徒とのやり取りで嫌な気持ちに」…中3刺殺、傷は肝臓を貫通する深さ

加害生徒の祖父"心優しい子"

生徒「被害生徒とのやり取りで嫌な気持ちに」…中3刺殺、傷は肝臓を貫通する深さ

刺殺事件が起き、関係者とともに下校する生徒ら(24日撮影)

 愛知県弥富市の中学校で3年生の男子生徒(14)が刺殺された事件で、同学年の男子生徒(14)(殺人未遂容疑で逮捕)が県警の調べに対し、「被害生徒とのやり取りで嫌な気持ちになることがあった」と供述していることが25日、捜査関係者への取材でわかった。これまでに2人の間で具体的なトラブルは確認されておらず、県警は慎重に調べている。

 同市教育委員会によると、全校生徒を対象に10月に行ったいじめの有無や、学校生活に関するアンケート調査では、加害生徒がからかわれたり、仲間外れにされたりといった回答はなかった。県警による関係者への聴取でも今のところ、加害生徒の供述を裏付けるような証言は得られていないという。

 県警は25日、加害生徒の容疑を殺人に切り替えて、名古屋地検に送検した。調べに淡々と応じているという。

 被害生徒は腹部を刺されたことによる出血性ショックで死亡し、傷は肝臓を貫通するほどの深さだった。凶器は刃渡り約20センチの包丁で、県警は、加害生徒が強い殺意を持っていたとみている。

 捜査関係者によると、加害生徒は24日朝、通学カバンに包丁を入れて登校し、そのまま被害生徒を教室から廊下に呼び出して襲ったという。包丁について、加害生徒は「インターネットで購入した」と供述。県警は加害生徒の自宅から押収したスマートフォンの通信履歴を解析するなどして、裏付けを進める。

 一方、加害生徒の祖父が25日、読売新聞の取材に応じた。「被害生徒の名前は聞いたことがない」とした上で、「孫は寡黙で心優しい子。どうして悩みに気づけなかったのか」と語った。

関連記事(外部サイト)