中学校長、部下に「かわいい」「アイラブ」…後頭部・肩を指でつつく

中学校長、部下に「かわいい」「アイラブ」…後頭部・肩を指でつつく

秋田県庁

 秋田県教育委員会は25日、複数の教職員にパワーハラスメント(パワハラ)やセクハラを行ったとして、由利本荘市立中学校の50歳代男性校長を停職6か月の懲戒処分としたと発表した。

 発表によると、校長は4〜9月、職員会議で部下を大声で叱責(しっせき)したり、「家族のDVDプレーヤーが壊れたので、何を買うべきかアドバイスして」と休日に自宅に呼び出したりするパワハラ行為を行った。

 また、「かわいい、かわいい」や「アイラブ」などと声を掛けたり、必要がないのに後頭部や肩を指でつついたりするセクハラ行為も行った。同校では、約9割の教職員がパワハラの被害を訴え、セクハラについても約4割が被害を受けたと話しているという。

 県教委などの聞き取り調査に、校長は事実関係を認め、「フレンドリーに接しているつもりだった。不快な思いをさせて申し訳ない」と話しているという。

関連記事(外部サイト)