河瀬直美さん、ユネスコ親善大使に「スポットライトが当たらない人に光を」

 【パリ=山田真也】国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)は25日、映画監督の河瀬直美さん(52)を親善大使に任命した。日本から選ばれるのは、日本画家の平山郁夫さん(故人)らに次いで5人目となる。

 25日にパリのユネスコ本部で任命式が開かれた。河瀬さんは、「世界中の、スポットライトが当たっていない人たちに光を当て、世界の舞台に上げていくことが私に託された役割だと思う」と意気込みを語った。

 河瀬さんは2007年、「殯(もがり)の森」で、フランスのカンヌ国際映画祭で最高賞に次ぐグランプリを受賞。東京五輪・パラリンピックの公式記録映画の監督にも選ばれた。アフリカ支援にも関わっており、来年、アフリカの女性映画制作者らを出身地の奈良に招き、映像制作に関するワークショップを開く予定だ。

関連記事(外部サイト)