6歳妹を暴行して死なせた少年の母親、尿検査でケタミン陽性反応…再逮捕

6歳妹を暴行して死なせた少年の母親、尿検査でケタミン陽性反応…再逮捕

妹暴行死 麻薬使い母再逮捕

6歳妹を暴行して死なせた少年の母親、尿検査でケタミン陽性反応…再逮捕

滋賀県警察本部

 大津市で8月、妹(当時6歳)に暴行して死亡させたとして、傷害致死容疑で逮捕された無職少年(18)(少年院送致)の母親(41)について、滋賀県警は25日、麻薬取締法違反(使用)の疑いで再逮捕した。容疑を否認しているという。

 発表では、母親は7月下旬〜8月4日、麻薬「ケタミン」を使用した疑い。県警は今月4日、母親を覚醒剤取締法違反(所持)容疑などで逮捕。尿検査でケタミンの陽性反応が出たという。

 少年と妹は4月から母親と3人で暮らしていた。大津家裁は9月、少年の少年院送致を決定。その際、母親は妹が死亡するまで1週間帰宅せず、ネグレクト(育児放棄)の状態だったと指摘していた。

関連記事(外部サイト)