市職員2千人、「飲酒運転しない」誓約書提出…職員の酒気帯び検挙で

 岩手県一関市は25日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙された市東山支所産業建設課の20歳代の主事級男性職員を懲戒免職処分にしたと発表した。

 発表によると、職員は10月下旬、同市内の飲食店で酒を飲んだ後、車を運転。ガードレールに衝突する自損事故を起こし、警察官による呼気検査で基準値以上のアルコールが検出された。

 今回の不祥事を受け、市は市長以下約2000人の職員に飲酒運転をしないことを誓う誓約書を提出させた。佐藤善仁市長は「全職員が公務員としてのモラルや自覚を持って行動するよう指導を徹底する」とコメントした。

関連記事(外部サイト)