HPVワクチン、8年以上中止していた積極的勧奨の再開を発表…厚労省

HPVワクチン、8年以上中止していた積極的勧奨の再開を発表…厚労省

厚生労働省

 厚生労働省は26日、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染を防ぐワクチンについて、8年以上中止していた積極的勧奨を来年4月に再開すると発表した。全国の自治体にも通知し、準備が出来た場合は前倒しも可能とした。

 HPVワクチンは2013年4月、小学6年〜高校1年の女子を対象に、公費による定期接種となった。しかし、接種後に体の痛みなどを訴える人が相次ぎ、国は同年6月、定期接種の位置づけは変えないまま、はがきなどで個別に接種を呼びかける積極的勧奨を中止した。

 積極的勧奨の再開に合わせて、自治体には、厚生労働省が作成した小冊子などを使った丁寧な情報提供や、接種後に体調不良を訴えた人への相談・診療体制の強化も求める。

関連記事(外部サイト)