「悪いことすれば辞められる」市立中の職員、更衣室で大学生3人の現金盗む

「悪いことすれば辞められる」市立中の職員、更衣室で大学生3人の現金盗む

長崎県警察本部

 長崎市教育委員会は25日、市立中勤務の部活動指導員で、会計年度任用職員の男性(24)を懲戒免職とした。

 発表によると、職員は9、10月、同市魚の町の市民会館更衣室で大学生3人の現金計10万8504円などを盗んだとして、10月27日に長崎県警長崎署に窃盗容疑で逮捕された。

 職員は市教委の聞き取りに対し、「仕事で悩んでいた。悪いことをすれば辞められるのではないかという思考になってしまった」などと話しているという。

関連記事(外部サイト)