札幌のスキー場、ようやく初滑り…待望の「まとまった降雪」

札幌のスキー場、ようやく初滑り…待望の「まとまった降雪」

札幌国際スキー場がオープンし、初滑りを楽しむスノーボーダーら(26日午前、札幌市南区で)=佐々木紀明撮影

 ようやくまとまった雪が降り、オープンが遅れていた札幌国際スキー場(札幌市南区)が26日午前、1週間遅れで営業を始めた。同スキー場は19日に営業開始予定だったが、雪が足りずに延期。23日頃からまとまった降雪があり、オープンにこぎ着けた。

 26日は営業開始の午前9時前、スキー板やスノーボードを手に約200人が並んだ。開場されると次々とゴンドラに乗り込み、待望の初滑りを楽しんだ。

 一番乗りで滑り降りた札幌市南区の会社経営者(49)は「人が滑った跡のないきれいな雪を滑れて最高」と笑顔を見せた。

 同スキー場の一部コースは雪不足で滑走できないが、営業は来年5月8日までの予定。

関連記事(外部サイト)