出雲系神殿の敷地に大量の産廃「神様まつられている場所に…言語道断」

出雲系神殿の敷地に大量の産廃「神様まつられている場所に…言語道断」

産業廃棄物の掘り出し作業にあたる捜査員ら(25日午前9時12分、千葉市若葉区で)=大津杜都撮影

 出雲大社(島根県)の大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をまつる千葉市若葉区に建立された神殿の敷地内に、大量の産業廃棄物が埋められていることが千葉県警や市への取材でわかった。県警などは25日、現場を掘り起こして廃棄物を確認。神殿の建設工事の際に不法投棄されたとみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査している。

 現場は、宗教法人「出雲大社函館教会」から派生した団体「千葉総国講社」の敷地内。県警の捜査員や千葉市産業廃棄物指導課の担当者ら約20人が25日午前、ショベルカーを使って神殿周辺を掘り、産廃とみられる大量のコンクリート片や砕石などを確認した。

 同講社によると、神殿の建設工事は同市中央区の建設会社「鈴木建設」が請け負い、工期は2019年2月〜同年10月。総工費は9500万円だった。

 産廃の存在が浮上したのは昨年9月頃。敷地内に置かれていた土のうが崩れ、中から固まったコンクリート片などが見つかった。同講社から相談を受けた県警と市が2月4日、現地を調査し、産廃とみられるものを確認した。市は同日、鈴木建設に搬入の経緯を記した報告書を提出するよう行政指導をした。

 同講社の大世話人(74)は「神様がまつられている場所に不法投棄するなんて言語道断」と憤る。鈴木建設の担当者は本紙の取材に対し、「あくまでも第2期工事に向けた地盤強化のためにコンクリート片などを埋めた」と話した。

関連記事(外部サイト)