米ファイザー、コロナ飲み薬を厚労省に承認申請…オミクロン株にも「有効の可能性高い」

米ファイザー、コロナ飲み薬を厚労省に承認申請…オミクロン株にも「有効の可能性高い」

厚生労働省

 米製薬大手ファイザーは14日、新型コロナウイルス感染症の経口薬(飲み薬)「パクスロビド」について、厚生労働省に製造販売承認を申請したと発表した。審査を迅速化する特例承認を求めている。政府は、承認を前提に200万人分の供給を受けることで基本合意している。

 この薬は、細胞内に入ったウイルスの増殖を抑える仕組みで、発症早期に服用する必要がある。重症化リスクの高い患者を対象にした臨床試験では、発症3日以内の患者で入院・死亡リスクを89%、5日以内では88%減らす効果が確認されたという。同社は初期段階の研究データから、オミクロン株にも有効である可能性が高いとの見方を示している。

 昨年12月、米国で緊急使用許可が出ており、英国では承認されている。

関連記事(外部サイト)