長野や関東北部、大雪の峠を越えても路面凍結に注意

関東北部など路面凍結に注意

 気象庁の14日午後5時前の気象庁の発表によると、冬型の気圧配置は西から次第に緩んでくる見込みだが、15日も北海道では大雪となるところがあるという。

 同日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで北海道50センチ、関東地方北部と長野県がともに20センチ。

 15日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道地方で23メートル(35メートル)、波の高さは北海道と北陸地方が6メートル。

 北海道では暴風雪や高波、大雪に、北陸地方では高波に警戒するよう呼びかけている。

          ◇

 長野県や関東地方北部では大雪の峠は越えつつあるが、気象庁では14日夜遅くにかけて路面の凍結などによる交通障害やなだれに注意するよう呼び掛けている。

 同日午後4時現在の主な地点の24時間降雪量と積雪の深さ(地域気象観測システム=アメダス=による速報値)は以下の通り。

▽長野県

野沢温泉    59センチ 177センチ

飯山      45センチ 139センチ

小谷      39センチ 148センチ

▽群馬県

みなかみ町藤原 54センチ 211センチ

草津      26センチ 77センチ

▽栃木県

那須高原    16センチ 35センチ

日光市土呂部  12センチ 52センチ

関連記事(外部サイト)