「トイレ介助巡り口論、かっとなった」認知症の妻に暴行の男を逮捕

「トイレ介助巡り口論、かっとなった」認知症の妻に暴行の男を逮捕

警視庁

 認知症の妻に暴行したとして、警視庁小金井署は14日、東京都小金井市貫井南町、無職の85歳の男を傷害容疑で緊急逮捕したと発表した。逮捕は13日。妻は14日夜に搬送先の病院で死亡し、同署が詳しい死因を調べている。

 発表によると、男は13日朝、自宅の居間で妻(88)の顔や頭を蹴って全治約1か月の重傷を負わせた疑い。「トイレの介助を巡って口論になり、かっとなった」と容疑を認めている。13日朝、妻の様子がおかしいことに気づいて119番したという。

関連記事(外部サイト)