飲食店員の接客態度に立腹、窓ガラス割る・鍵穴を接着剤でふさぐ…校務員に停職処分

 兵庫県加東市は14日、器物損壊容疑で逮捕され、罰金刑を受けた元市立中学校校務員の男性(45)を停職2か月の懲戒処分とした。

 市によると、男性は飲食店員の接客態度に腹を立て、店の窓ガラスを割ったり鍵穴を接着剤でふさいだりした器物損壊容疑で昨年12月に三木署に逮捕され、神戸簡裁で罰金の略式命令を受けた。別件の窃盗容疑でも同署に逮捕され、不起訴になった。

 昨年4月に会計年度任用職員として採用され、勤務態度はまじめだったという。

関連記事(外部サイト)