白と青のコントラスト…ニホンスイセン、潮風に揺れる

白と青のコントラスト…ニホンスイセン、潮風に揺れる

咲き始めたニホンスイセン。海の青と白い花のコントラストが鮮やか(由良町で)

 和歌山県内有数のニホンスイセンの群生地として知られる由良町の県立白崎青少年の家で、白いかれんな花が、潮風に揺れて甘い香りを漂わせている。見頃は今月下旬〜2月上旬になりそうという。

 紀伊水道や太平洋に臨む敷地内や周辺に約10万本が群生し、今シーズンも例年並みの12月中旬に開花した。斜面に咲く一重や八重の白い花と、海の青とのコントラストを楽しむことができる。

 見学は無料。問い合わせは、同施設(0738・65・2351)。

関連記事(外部サイト)