冷蔵庫など回収「10万円以下で」と口頭契約、金額未記入のまま署名させ40万円請求

冷蔵庫など回収「10万円以下で」と口頭契約、金額未記入のまま署名させ40万円請求

愛知県警察本部

 格安料金で不用品を回収すると宣伝しながら回収直後に法外な料金を請求したとして、愛知県警は13日、一宮市、会社役員の男(37)、名古屋市熱田区、会社役員の男(34)、同市南区、会社員の男(21)、住所不詳、無職の男(39)の4容疑者を恐喝容疑で逮捕した。

 発表によると、4人は昨年8月5日、不用品回収を依頼した岡崎市の無職男性(67)に「10万円以下でできる」などと口頭契約させ、費用金額が未記入の書類に署名させた。冷蔵庫などを回収後、この書類の金額部分に40万円と記入し、男性から33万円を脅し取った疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 37歳の会社役員の男は、不用品回収会社を経営しており、「クリーンライフ」や「ゴミ屋敷レンジャー」などの屋号を使ってインターネット上で宣伝。過去にも、同様の手口で口頭契約を大きく上回る代金を支払わせていたといい、県警は法外な料金を請求する「ぼったくり」をしていたとみている。

関連記事(外部サイト)