まるで「うり坊」、白黒しま模様の「リン」ちゃん…マレーバクのメスの赤ちゃん誕生

まるで「うり坊」、白黒しま模様の「リン」ちゃん…マレーバクのメスの赤ちゃん誕生

しま模様が特徴的なマレーバクの赤ちゃん「リン」(手前)と母親の「ユメ」(東京動物園協会提供)

 多摩動物公園(東京都日野市)は12日、マレーバクのメスの赤ちゃん1頭が生まれたと発表した。うり坊(イノシシの子)のように、生後半年ほどは白黒のしま模様が見られるという。

 園によると、赤ちゃんは9日に誕生し、「リン」と名付けられた。現在は母親と一緒に過ごし、母乳を飲んで元気に育っている。5月下旬には室内展示室で公開される。リンの誕生で、同園のマレーバクは5頭になった。

関連記事(外部サイト)