男性「PC真っ暗、サポートセンターが4万円払え」…電子マネー購入にコンビニが通報し詐欺防ぐ

 ニセ電話詐欺の被害を防いだとして、茨城県警那珂署は11日、コンビニとオーナー(59)、妻で店長(52)に感謝状を贈った。

 店長は3月20日夕、来店した男性(61)に「グーグルカードはどれだ」と聞かれた。使用目的を尋ねたところ、男性は「パソコンが真っ暗になり、問い合わせたサポートセンターに『4万円支払ってくれ』と言われた」と説明したため詐欺と確信。男性を説得し、同署に通報した。

 同店は、電子マネーの購入額が高額な際は、客に声かけをするようにしているという。店長は「お客さんとコミュニケーションをとることで、詐欺被害防止につながった」と話した。

関連記事(外部サイト)