皇居来園者にくつろげる空間を、東御苑にカフェ併設の大規模休憩所を建設へ

皇居来園者にくつろげる空間を、東御苑にカフェ併設の大規模休憩所を建設へ

皇居・東御苑(2020年6月)

 宮内庁は13日、無料で一般公開している皇居・東御苑に、2025年度までにカフェなどを併設した大規模な大手休憩所(仮称)を建設すると発表した。皇居内にカフェが設けられるのは初めてで、来園者が皇居の自然を楽しみながらくつろげる空間を提供するのが狙い。

 東御苑は、旧江戸城の本丸などがあった場所で、政府は来園者を増やすため、皇室に受け継がれてきた品々を収蔵する「三の丸尚蔵館」の拡充工事(26年度に全館開館予定)を進めている。

 新たな休憩所は同館の近くに建設する。平屋一部2階建てで、床面積は約3000平方メートル。外国人観光客の来場を見込み、カフェや売店を併設するほか、屋上にはオープンテラスを設けて近隣の眺望を楽しめる空間とする。皇居の歴史や皇室の活動などを紹介するコーナーも設ける。

 宮内庁は今年度予算に設計費用などとして約2億4000万円を計上しており、24年度の着工を目指す。

関連記事(外部サイト)