「壁が燃えている」「煙が見える」解体建物から出火、119番相次ぐ…一時騒然

「壁が燃えている」「煙が見える」解体建物から出火、119番相次ぐ…一時騒然

宮城県警本部

 15日午前11時35分頃、仙台市青葉区中央の建物の解体工事現場で「壁が燃えている」「煙が見える」と工事関係者や通行人から複数の119番があった。火は約30分後に消し止められた。けが人はなかった。

 消防車や救急車など14台が出動し、周囲は一時騒然となった。宮城県警仙台中央署が出火原因を調べている。

関連記事(外部サイト)