偽議員バッジで官公庁侵入の男を再逮捕…拉致被害者救出運動のシンボル「ブルーリボン」も胸元に

偽議員バッジで官公庁侵入の男を再逮捕…拉致被害者救出運動のシンボル「ブルーリボン」も胸元に

警視庁

 偽の国会議員バッジを付けた男が議員になりすまして官公庁に侵入していた事件で、警視庁は20日、東京都品川区、無職の男(22)を建造物侵入容疑で再逮捕した。偽バッジは8月中旬にインターネットの通販サイトで購入したという。

 発表によると、男は8月25日午後5時頃、厚生労働省や環境省が入る千代田区霞が関の「中央合同庁舎5号館」に、通用口から侵入した疑い。

 紺色のスーツ姿で、胸元に偽バッジのほか、北朝鮮による拉致被害者救出運動のシンボル「ブルーリボン」のバッジも付けていた。庁舎内に十数分間滞在し、警備員に声をかけられると「会議に出席するために来た」とうそを言ってその場から立ち去ったという。

 調べに対し、「国会周辺で衛視に敬礼され、議員に見えると思った。自分が議員と認めてもらえる満足感を味わうためだった」と容疑を認めている。

 男は20日、同様の手口で外務省に侵入したとして建造物侵入罪で東京地裁に起訴された。

関連記事(外部サイト)