大学共通テスト流出の女子受験生、保護観察処分…大阪家裁「深く反省している」

大学共通テスト流出の女子受験生、保護観察処分…大阪家裁「深く反省している」

大阪家裁

 大学入学共通テストの受験生が試験中に設問画像を外部に送り、解答を得たとされる事件で、大阪家裁(柴山智裁判官)は20日、偽計業務妨害の非行事実で家裁送致された大阪府内の女子受験生(19)を保護観察処分とする決定を出した。

 決定などによると、女子受験生は共通テスト初日の1月15日、府内の試験会場で、「世界史B」の試験中に問題用紙をスマートフォンで動画撮影し、共犯の男とインターネットで共有。事情を知らない東京大の学生らから解答を返信させ、公正で円滑な試験の実施を妨害した。

 柴山裁判官は決定で、希望する大学に合格したいとの思いに執着し、周到に準備して犯行に及んでおり、「問題性は軽視できない」と指摘。一方、「行為の重大性を認識し、深く反省している」とし、社会内での更生が相当だと判断した。

 警視庁から書類送検され、東京地検は3月、「保護観察相当」の意見を付けて東京家裁に送致したが、居住地を管轄する大阪家裁に移送されていた。

 共犯の男は偽計業務妨害罪で略式起訴され、東京簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。

関連記事(外部サイト)