大阪市立大4年の男、アメリカ大使館前で自作の火薬所持…「投げ入れるために来た」

大阪市立大4年の男、アメリカ大使館前で自作の火薬所持…「投げ入れるために来た」

火薬所持の男は大阪市立大生

大阪市立大4年の男、アメリカ大使館前で自作の火薬所持…「投げ入れるために来た」

米国大使館の職員宿舎(読売ヘリから)

 東京都港区の米国大使館前の路上で違法に火薬を所持したとして、警視庁公安部は20日、大阪府吹田市、大阪市立大4年の男(26)を火薬取締法違反(所持)容疑で逮捕した。

 発表によると、男は8月8日午後9時頃、米国大使館前の路上で、雑巾で包んだコップの中に火薬160グラムを所持した疑い。警察官が職務質問し、ズボンのポケットから発見した。

 捜査関係者によると、逮捕前の調べに「ネットで火薬の作り方を学び、大使館に投げ入れるために来た」と話したという。男の自宅近くの駅のコインロッカーから火薬の材料とみられるものが見つかった。

関連記事(外部サイト)