「口におしぼり」薬物中毒女性死亡、放置疑いでベトナム国籍の男女4人逮捕

「口におしぼり」薬物中毒女性死亡、放置疑いでベトナム国籍の男女4人逮捕

警視庁

 東京都文京区湯島の路上で口におしぼりが詰まった状態のベトナム人女性が死亡した事件で、警視庁は21日、杉並区上荻、無職リュ・バン・ティエン容疑者(27)らベトナム国籍の男女4人を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕したと発表した。逮捕はいずれも20日。

 発表によると、4人は5月2日未明、文京区湯島の飲食店で合成麻薬MDMAの錠剤を飲んだベトナム人の無職ベー・ティ・ダオさん(当時23歳)に薬物中毒症状が出ていたのに、近くの路上に放置して急性MDMA中毒などで死なせた疑い。ダオさんが舌をかまないよう口におしぼりを押し込んでいたという。

関連記事(外部サイト)