コンビニにカッターナイフ男、襲撃された警官が3発発砲…男の腹部に当たり負傷

コンビニにカッターナイフ男、襲撃された警官が3発発砲…男の腹部に当たり負傷

兵庫県警察本部

 22日午前1時45分頃、神戸市灘区篠原本町のコンビニ店の男性店員から「男が暴れている」と110番があった。兵庫県警第1機動パトロール隊の隊員3人が駆けつけると、店の前にいた中年の男がカッターナイフを振り回して襲いかかってきたため、男性巡査部長(43)が拳銃を3発発砲、うち1発が男の腹部に当たった。男は病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 県警は男を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕。その後、治療のため釈放した。

 発表によると、巡査部長は「刃物を捨てろ、撃つぞ」と複数回警告したが、応じなかったため、男に向けて1発発砲。カッターナイフを手にしてさらに近づいてきたため、続けて2発発砲したところ、男が「痛い」と倒れ込んだという。隊員3人にけがはなかった。

 同隊の阿部哲也副隊長は「刃物を持って警察官に向かってくる犯人を逮捕するために拳銃を使用した。詳細については確認中」とコメントしている。

 現場は阪急六甲駅の西約1キロの住宅街。当時、付近に通行人はいなかった。

関連記事(外部サイト)