3連休は太平洋側で大雨の恐れ、日本の南で台風発生の見通し

3連休は太平洋側で大雨の恐れ、日本の南で台風発生の見通し

台風 24-25日に本州接近か

3連休は太平洋側で大雨の恐れ、日本の南で台風発生の見通し

(写真:読売新聞)

 気象庁は22日、日本の南海上にある熱帯低気圧が23日に台風に変わる見通しだと発表した。24日から25日にかけて本州に接近する見込みで、23日以降の3連休は、西日本から東日本の太平洋側で再び大雨の恐れがある。

 22日午後9時現在、中心気圧1004ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速15メートル。発達しながら北上しており、12時間以内に台風に変わる恐れがあるという。

 気象庁の予想では、23日午後6時までの24時間降水量は、多い所で東海200ミリ、近畿180ミリ、関東甲信100ミリ。台風14号による大雨ですでに地盤が緩んでいる所もあるため、警戒が必要になるという。

関連記事(外部サイト)