真っ赤に色づくコキア、浮かび上がる「黄色い星」

真っ赤に色づくコキア、浮かび上がる「黄色い星」

コキアが色づいて黄色い星が浮かび上がった大花壇(21日、砺波チューリップ公園で)

 富山県砺波市花園町の砺波チューリップ公園の大花壇で、コキアが真っ赤に色づき始めた。花壇内では黄色い星が浮かび上がっているように見え、散策する人たちの目を楽しませている。

 「ホウキグサ」とも呼ばれるコキアは、夏は緑色のこんもりと盛り上がった形で、気温の低下とともに、赤く色づいてくる。大花壇の中ほどには、黄色い花を咲かせるメランポジウムが星形に植えられており、周囲のコキアが赤くなると、星形がくっきりと見える。

 公園を管理する「市花と緑と文化の財団」によると、来年のチューリップフェアに向けて球根の植え込みを始めるため、花壇でコキアを楽しめるのは来月上旬までという。

関連記事(外部サイト)