東海道新幹線、始発から東京―三島間・名古屋―新大阪間で折り返し運転

東海道新幹線、始発から東京―三島間・名古屋―新大阪間で折り返し運転

東海道新幹線が折り返し運転

東海道新幹線、始発から東京―三島間・名古屋―新大阪間で折り返し運転

新幹線車内で一夜を過ごす人たち(24日午前1時1分、JR東京駅で)=西孝高撮影

 JR東海は24日、東海道新幹線について、台風15号の接近に伴う大雨の影響で23日夜に東京―新大阪間の上下線すべての列車の運行を取りやめたが、24日は始発から正午頃まで、山陽新幹線との直通運転を取りやめ、東京―三島駅間、名古屋―新大阪駅間で折り返し運転を行うと発表した。

 24日未明に公表された運転計画によると、同日正午頃まで、のぞみ号、ひかり号はすべて運休とし、1時間に1、2本程度、こだま号(普通車全車自由席)を東京―三島駅間、名古屋―新大阪駅間で運転する。

 天候が回復し、安全の確認が取れ次第、のぞみ号、ひかり号、および三島―名古屋駅間の運転を順次再開するという。

関連記事(外部サイト)