「思ったより進まない…」恐竜の着ぐるみで砂浜駆ける「ティラノサウルスレース」

「思ったより進まない…」恐竜の着ぐるみで砂浜駆ける「ティラノサウルスレース」

ティラノサウルスの着ぐるみで走る参加者ら(23日、八戸市で)

 恐竜の着ぐるみを着て競走する「ティラノサウルスレース」が23日、青森県八戸市の蕪島海水浴場で開かれ、砂浜を駆ける大小の「恐竜」が会場を盛り上げた。

 同様のレースは全国で開かれており、八戸市内の有志が地域を盛り上げようと企画した。

 23日は雨の降る中、県内外の約200人が参加。赤や青、黄など色とりどりの恐竜に扮(ふん)した老若男女が、着ぐるみならではのコミカルな動きで数十メートル先のゴールを懸命に目指していた。

 参加した弘前市の会社員(54)は「(着ぐるみで)思ったより前に進んでいない感覚だったが楽しかった」と満足げに話した。

関連記事(外部サイト)