サッポロ「極ZERO」訴訟、酒税の返還認めず

極ZERO訴訟 サッポロ側敗訴

 サッポロビールが「第3のビール」として発売した「ごくZERO(ゼロ)」を巡り、自主納付した酒税約115億円などの返還を国に求めた訴訟の判決で、東京地裁(古田孝夫裁判長)は6日、同社の請求を棄却した。ビール系飲料として発売された製品について、第3のビールに該当するかどうかが争われた訴訟の判決は初めてとみられる。

 同社側によると、同社は2013年、ビールや発泡酒とは製法が異なり、税率の低い「第3のビール」として極ゼロを発売したが、14年に国税当局から「第3のビールに当たらないのでは」との指摘を受けて販売を停止。自主的に納税したが、その後、返還を求めていた。