テープで巻かれた女性遺体遺棄…「異臭」で通報

 11日午前11時頃、京都府向日市上植野町の2階建てアパートで、近隣住民から「部屋から異臭がする」と110番があった。駆け付けた府警向日町署員が、アパート横の駐車場で、粘着テープで全身をまかれた女性の遺体を発見。近くにいたアパートの住人で職業不詳の男(55)、京都市西京区、向日市職員(29)の両容疑者が遺体を駐車場まで運んだことを認めたため、死体遺棄容疑で逮捕した。

 発表では、女性は中年とみられ、腐敗が進んでいるが、目立った外傷はないという。市職員は生活保護の受給世帯を訪問して相談などに応じるケースワーカーで、住人の男の担当だった。向日町署が女性の身元や、両容疑者と女性との関係を調べている。

 住人の男は1階の1室で主に生活しているが、2階の部屋も使っており、同署は通報を知って2人で2階の部屋から遺体を運び出したとみている。

 現場は、JR向日町駅の南約2キロの住宅街。