自宅で同居の21歳長女を刺殺、49歳母親逮捕

 広島県府中市の自宅アパートで、同居の長女を刺殺したとして、広島県警府中署は11日、母親の無職上田亜矢容疑者(49)を殺人容疑で緊急逮捕した。容疑を認めているという。

 発表によると、上田容疑者は11日午後2時頃、長女の佳奈さん(21)の首などを刃物で切りつけるなどして殺害した疑い。仕事から帰宅した夫が、室内で倒れている佳奈さんを発見した。上田容疑者は夫に「刺した」と話したといい、夫に付き添われて同署に出頭した。