80歳、免許返納したのに運転…自転車はねる

 高齢を理由に運転免許証を自主返納したにもかかわらず、車で自転車の高校生をはねてけがさせたとして、群馬県警太田署は13日、太田市内の男性会社役員(80)を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、男性は13日午前8時20分頃、自宅から約1・6キロの同市内で軽トラックを無免許運転し、駐車場に入ろうと左折した際、自転車横断帯を前から走ってきた高校1年の男子生徒(15)の自転車をはね、左腕に軽傷を負わせた疑い。

 同署幹部によると、男性は今年4月、「体力の衰えを感じた」と免許証を自主返納。調べに対し、「普段は同居の家族に運転してもらっていた」と話している。事故当日は家族が不在で、スポーツ大会の会場に行くためにハンドルを握ったという。