猫いじめたかった・死後捨てた…「十数匹盗んだ」

猫窃盗の男「十数匹盗んだ」

 他人のを盗んだとして、富山県警射水署は13日、富山市、無職の男(52)を窃盗容疑で逮捕した。男は「1年以上前から十数匹の猫を盗み、死んだ後に捨てた」と供述しており、同署は動物愛護法違反や、器物損壊容疑も視野に入れて調べる。

 発表などによると、男は5月19日午後1時半頃、射水市内の路上で、近くに住む50歳代の自営業男性が飼っていた猫を盗んだ疑い。調べに対し、「餌で家から猫を誘い出し、車に乗せて盗んだ。その後に死んだので、自宅近くの用水路に捨てた」と容疑を認めているという。

 男は「猫を盗んでいじめたかった。自宅でケージに猫を入れ、十分な餌を与えず、園芸用の棒で突いていた」とも供述している。同署が6月上旬に男の自宅を捜索したところ、ケージや園芸用の棒が見つかった。猫の死骸は発見できなかった。

 同署は今後、詳しい動機などについて追及する方針だ。