タンカー乗組員「飛来物を目撃」運航会社社長「機雷ではない」

タンカー乗組員「飛来物を目撃」運航会社社長「機雷ではない」

運航するタンカーが攻撃されたのを受け、記者会見する「国華産業」の堅田社長(左から2人目)(14日午後、東京都千代田区で)=関口寛人撮影

 タンカーを運航する海運会社「国華こくか産業」は14日、東京都千代田区の本社で記者会見し、タンカーは飛来物で攻撃を受けた可能性が高いとの見解を示した。

 タンカーは13日、何者かによる攻撃を2回にわたって受けた。同社の説明では、2回目の攻撃の際、複数の乗組員が飛来物を目撃。それによって船体に穴が開いたとの報告を受けたという。堅田豊社長は「(攻撃は)機雷ではない」と述べた。

 乗組員のフィリピン人21人うち1人が軽傷を負ったが、手当てを受けて回復に向かっているという。タンカーは米軍艦船の護衛を受けながら、アラブ首長国連邦(UAE)のホール・ファカン港に向けて、えい航中。航路が閉鎖されない限り、荷物を別の船に積み替えて運航を続けたい意向を示した。