批判受けたルパン役「何も心配しなくていい…と」

批判受けたルパン役「何も心配しなくていい…と」

ルパンらキャラクターのパネルに囲まれたモンキー・パンチさんの写真(14日、東京都港区で)

 4月11日に81歳で亡くなった「ルパン三世」の作者、モンキー・パンチ(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)さんをしのぶ会が14日、東京都港区の青山葬儀所で開かれた。アニメでルパン三世の声を演じる栗田貫一さんら関係者約300人が参列した。

 祭壇は、ルパン三世のイメージを赤いバラなど3000本の花と摩天楼の夜景で鮮やかに表現。モンキーさんの笑顔の写真を、ルパンや次元大介、峰不二子、銭形警部らのパネルが囲んだ。栗田さんは弔辞で、ルパン役を初代声優の山田康雄さんから引き継いだ時のことを振り返り、「さまざまな批判を受けたが、先生は『何も心配しなくていいですよ、そのままでいいですよ』とおっしゃった」と語り、「先生の懐の深さはルパン三世そのもの。これからも見守ってください」と結んだ。