副操縦士が酒気帯びで国際線乗務、LCCに改善勧告

 国土交通省は14日、酒気帯び状態の副操縦士を乗務させたとして、格安航空会社(LCC)の「エアアジア・ジャパン」に、業務改善勧告を出した。副操縦士は3月、精密型の検知器による乗務前検査でアルコール分が出たが、その後の簡易型検知器の検査で検出されなかったため、そのまま国際線に乗務していた。副操縦士は航空業務停止60日の処分とした。

 また、国交省は同日、乗務前の飲酒検査を忘れて機長らが試験飛行をしたとして、LCCの「バニラ・エア」に厳重注意した。