無断欠勤で同僚訪問、血を流し死亡した女性発見

 13日午前7時15分頃、埼玉県東松山市材木町のマンション1階の一室で、この部屋に住む会社員渡辺真澄さん(38)が血を流して死亡しているのを、部屋を訪れた同僚の女性(51)が発見し、110番した。渡辺さんの腹部には刃物で刺されたような傷が複数あり、県警は14日、東松山署に捜査本部を設置し、殺人事件として調べている。

 県警幹部によると、渡辺さんは一人暮らし。介護施設で働いていたが、12日は無断欠勤していた。

 同日午前10時頃、同僚2人が様子を見に部屋を訪れてインターホンを押したが、応答がなかった。13日朝、再び同僚が訪れ、無施錠の玄関を開けると、渡辺さんが倒れていたという。現場は東武東上線東松山駅から北東へ約500メートルの住宅街。